彼の性感帯を探して絶頂に導こう

男性の性感帯は女性とほぼ同じです。
皮膚の厚さが違うので女性ほど敏感ではないですが、彼自身もまだ気づいていない性感帯が体のあちこちにたくさん眠っています。

 

男の性感帯

 

自分が触られたり舐められたりして気持ち良い場所は相手も気持ち良いはず。
そう考えればどこを刺激するべきなのか分かりやすいです。

 

一般的に、性感帯があるのは「隠れている」「皮膚が薄い」「ツボや神経が集まっている」場所です。

上半身が襟足、首、耳、肩、腕の内側、肘、指、脇、脇腹、背骨。
下半身が腰骨の上、腰回り、脚の付け根、お尻、お尻の谷間、アナル、アナルから玉袋の間、内もも、膝の裏、膝の上、足の指 、足の裏です。

こうして書き出してみると、ほぼ全身な事が分かりますね。

 

ただ、人によって気持ち良い場所や感度は全く違い、全身が感じる恵まれた男性ばかりではありません。
乳首を舐められて射精する人も居れば、舐めても噛んでもピクリともしない人も居ます。
性感帯が分からなければ全身いじりまくって気持ち良いスポットを探しましょう。

 

舌は広くして舐めたり、尖らせてくすぐる様に舐めたり、溝や穴に差し込んだり、弾いたり、色々使えます。
軽く噛みついたり、濡らした唇で吸いついたりもしてみましょう。
手は手のひらを密着させたまま撫でたり、指先でなぞったり、肉をつかんだり出来ます。

 

色んな舐め方や触り方を試してお互いの性感帯を探せば、宝探しみたいで楽しいです。

性感帯の探し方もいくつかあります。

まず、ローションは本当に便利です。
私はデートでハンカチを忘れてもローションのボトルは忘れないぐらい好きです。

 

性感帯を探すのにローションが最適な理由は、手に何もつけずに触るのと比べて断然良い感触だからです。
ただ触るだけだと何も感じなかったのに、ローションをつけて手を滑らせると、じっとしてられないほど感じ始める人も居ます。
性感帯を探す時は温感タイプや冷感タイプがオススメです。

 

オイルの場合、オーガニックだと安心して全身に使えますし、舐めても大丈夫です。
ただし、その後のセックスでラテックス製のコンドームが破れる可能性があります。
膣内には入らない様にし、挿入前に綺麗に洗い流しましょう。

ベビーパウダーも使えます。

ローションやオイルなどのヌルヌル系の滑りとは全く違う感触で、指先の細かな動きも肌で感じられます。
ただ、パウダーがついた指が膣に入ると痛いので、濡らしたタオルを用意し、指を入れる前に綺麗に拭いてもらいましょう。

 

男の性感帯

 

ローション、オイル、ベビーパウダーが使えないなら、お風呂でお互いの体を洗いっこしましょう。
ボディソープをスポンジにたっぷり泡立て、後ろから抱きつきます。
背中側はおっぱい、前側は両手で洗いながら触りまくるのです。
普段は舐めたり触ったりしづらい場所をアワアワの手でいじれば、足の指の間やお尻の谷間の新鮮な感覚に彼は体をくねらせるかもしれません。

 

普段隠れている脇腹や内ももなどは特にくすぐったくて、耐えられない人も居ます。
指先でいきなり触るとくすぐったさが勝り、気持ち良いどころではなくなります。
1度くすぐったいという意識が働くと、そこに手を置かれるだけでくすぐったい感覚に陥ります。

 

でも「くすぐったい=敏感」なんです。

 

脇腹などくすぐったい場所は始めから指先を使わず、手のひら全部をしっかり肌に密着させながら動かして様子を見ましょう。
相手の表情や体の反応をしっかり見て、声をかけながら確認するのが大事です。

健康関連リンク

ぺニス増大サプリの中でもおすすめサプリメントはたくさんありますが、失敗しやすいケースとはいったいどんなケースなのでしょうか。